thumbnail

22

October

2018

SNS SHARE

あの仕事を終えたら、読みたい本。vol.9

キッザニアで体験できる職業をテーマに、ブックディレクターの山口博之さんが本を紹介する連載。第9回目に取り上げるのは、動物病院、銀行、エコショップに関わる本です。セレクトしたのは、猫と一緒に健康的に暮らすための本や、ミヒャエル・エンデがお金について語った本、生活の知恵を集めた楽しい写真集。ブックディレクターの視点とともに、気になる1冊をお楽しみください。


 

『猫のための家庭の医学 一家に一冊の健康本 2つのコトバで愛猫の健康寿命が延びる』

この本にまつわる仕事 「動物病院」

出版社:山と渓谷社

キッザニア東京で<動物病院>の仕事を学んだお子さんや、その保護者におすすめしたいのが『猫のための家庭の医学』。といっても医学だけに特化した難しい本ではなくて、猫と一緒に健康的に暮らすための方法が書かれています。猫の身体に良いもの、悪いもの。運動不足はどのような影響を及ぼすのか。冷房のつけっぱなしは大丈夫なのか、など、猫を飼うにあたり、日常生活の中で知っておくべき情報を丁寧に教えてくれます。また、愛猫の様子や行動、排泄物などから、病気を早期発見するためのチェック方法も。具体的には言葉を交わせないからこそ、飼い主が思いやることで猫との生活を安心して過ごすことができるのです。動物病院で先生と話す知識の入り口にもなるので、猫を飼っているご家庭であれば、ぜひ、1冊持っていてほしい本です。

 


 

『エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと』

この本にまつわる仕事 「銀行」

出版社:講談社

時間どろぼうと銀行そして利子について描いた『モモ』で知られる作家、ミヒャエル・エンデがお金について語っているこの本は、「将来、銀行で働きたい」お子さんのいる保護者におすすめ。1999年に放送されたNHKのドキュメンタリー番組をもとに、銀行が社会の中で構築してきたシステムについて描かれています。交換のために生み出されたお金は、やがてそれ自体が商品となり、財政破綻を生み出す一端を担いました。ブロックチェーンや地域通貨、NISAなど、お金の存在が見直される今の時代に、経済の仕組みについて改めて考え直すのによい機会です。『モモ』は時間の利子の概念を用いた時間泥棒の話で、お金の仕組みとも繋がる内容でした。大切な生活をお金に絡め取られないように、自分にとってよい選択肢を考えてみましょう。

 


 

『LOW COST DESIGN』

この本にまつわる仕事 「エコショップ」

出版社:Silvana

お子さんがキッザニア東京の<エコショップ>でエコの概念に興味を抱いたら、その場にある様々なものを使って異なるものを生み出す『ブリコラージュ』の視点を教えてあげてください。本書では、ヨーロッパの人々がお金をかけずに生活に必要なものを生み出すアイデアを紹介。例えばCDを電球の反射板にしたり、排水溝が詰まったときに使うラバーカップを活用してタオルかけにしたり、壊れたトラックをカフェスタンドにしたり…。思いつきだけどアイデアの詰まったその場しのぎのような作品が、役割を充分に果たしています。その姿がユーモラスで愛しさすら感じます。新しいものが良いという価値観だけだと、見失うものも出てくる気がします。みんなが同じものを使う必要はなく、状況に合わせて必要なものを生み出す知恵こそ、豊かさに繋がるのではないでしょうか。

 

あの仕事を体験したら、読みたい本。vol.1

あの仕事を体験したら、読みたい本。vol.2

あの仕事を体験したら、読みたい本。vol.3

あの仕事を体験したら、読みたい本。vol.4

あの仕事を体験したら、読みたい本。vol.5

あの仕事を体験したら、読みたい本。vol.6

あの仕事を体験したら、読みたい本。vol.7

あの仕事を体験したら、読みたい本。vol.8

 

 

山口博之

1981年仙台市生まれ。立教大学文学部英米文学科卒業。大学在学中の雑誌「流行通信」編集部でのアルバイトを経て、2004年から旅の本屋BOOK246に勤務。06年、幅允孝が代表を務める選書集団BACHに入社。様々な施設のブックディレクションや編集、執筆、企画などを担当。16年に独立。様々な場所のブックディレクションをはじめ、ブランドや広告のディレクション、さまざまな編集、執筆、企画などを行なっている。手がけた書籍は『KIGI』、『持ってゆく歌、置いてゆく歌』(大谷能生)、『ヨコちゃんとライオン』(角野栄子)、『蝙蝠』(ミヤケマイ)などがある。現在、honeyee.comでブックレビューを連載中。

 

この記事で紹介されたアクティビティ

「動物病院」
キッザニア東京

「銀行」
キッザニア東京 / キッザニア甲子園

「エコショップ」
キッザニア東京

この記事を友達にシェアしましょう