thumbnail

26

September

2018

SNS SHARE

キッザニア しごとの哲学対話 vol.5「『おもてなし』ってなんだろう?」

ANAグループ機内誌「翼の王国」に掲載している『キッザニア』の広告で、展開中の“キッザニア しごとの哲学対話”。“しごと”に関する様々なテーマに対して、こども達が自由に議論を重ね、物事を深く考えて表現してもらうだけでなく、大人にとっても物事の本質を今一度考え直すきっかけとなる取り組みです。「キッザニアの窓」では、誌面で紹介できなかった、より一歩踏み込んだ内容をご紹介します。今回のテーマは「『おもてなし』ってなんだろう?」。キッザニア東京のこども議会議員が、おもてなしに対するイメージから仕事との関係まで、たくさんの意見を交わしました。


今回のメンバー:テン、やまっち、ユッキー、リース、シトラス

「おもてなし」って聞いてイメージするのは?

——みんなは「おもてなし」って、どんな意味だと思う?

テン 人を喜ばせること。

やまっち 人の話を聞いてあげたり、優しくしたりすること。

ユッキー そうだね。

リース 人の気持ちになって接することも、おもてなしだと思う。

シトラス みんなが気持ちよくなることをするイメージ。

——みんなの身近に、「おもてなし」をしてる人っている?

リース 友達のお母さんかな。家に遊びに行った時に、お菓子とか飲み物を用意してくれるから。

シトラス 自分の親も家でそういうことをしてるから、おもてなしって、結局みんなしてる気がする。自分では「おもてなしをしてる」と思ってないけど…。

テン 知らず知らずにしてるっていう感じ。

やまっち そうそう。例えば、誰かが家に来たら、「こちらへどうぞ」って自然に敬語を使ったりするしね。

こどもにできる「おもてなし」ってなんだろう?

——「おもてなし」って、大人だけのものなのかな?

ユッキー いや。

シトラス こどももするもの。

リース 大人もこどもも関係なく、誰でもしたほうがいいと思う。

——例えば、こどもがするおもてなしって、どんなものがあるかな?

ユッキー さっきも出たけど、友達が家に来た時に…。

テン 「これどうぞ」って飲み物を出したり。

やまっち お年寄りが重い荷物を運んでたら、「持ってあげましょうか」って、声をかけるとか。

テン 電車で席を譲ってあげるとか。

やまっち それも確かにおもてなしだ。

シトラス あと、ゴミ拾いみたいな、ちょっとしたボランティアをするとか。

リース それは、おもてなしっていうより、親切って気がする。

テン エコなことをするのも、地球へのおもてなしじゃない?

——なるほど。じゃあ、みんなが最近した「おもてなし」って、どんなもの?

テン 自然としてることだから、全然思いつかないな。

やまっち 案外、こういうのって分かんないよね。

シトラス 私は、小さい子のけがの対応をしたことかな。

テン すごい。どんなふうに?

シトラス 1年生がけがをして校庭で泣いてたから、「大丈夫?」って聞いて、ばんそうこうを貼ってあげて、保健室に連れて行ったんだよね。でも、これはおもてなしじゃなくて親切なのかな。こういうのも入れたら、全部がおもてなしになっちゃう気もする。

仕事での「おもてなし」ってどんなもの?

——キッザニアのアクティビティの中で、「これは『おもてなし』だな」って思った仕事はある?

リース バスガイドの仕事かな。「こっちは何々です」とか、お客さんに分かりやすいように言ってくれて。あとは、病院で赤ちゃんのお世話をしたこと。

やまっち 赤ちゃんをかわいがるのもおもてなし?

シトラス 親が赤ちゃんの世話をしてたら、それは「育ててる」ってことだけど、看護師さんがやってたら、おもてなしになると思う。

——仕事で「おもてなし」をすると、どんないいことがあるのかな?

ユッキー 相手が気持ちよくなる。

リース そうすると、自分も気持ちよくなる。

シトラス おもてなしをしてもらったお客さんが、友達に「あそこの店、すごく親切だよ」って言ったら、お店がもうかる。

やまっち うんうん。お店も繁盛するし、お客さんに「また来たいな」って思ってもらえるよね。

——みんなが今までに体験した、うれしかった「おもてなし」ってどんなものかな?

テン 遊園地で迷子になった時、スタッフさんが見つけてくれたことがすごくうれしかった。

リース ホテルで、荷物を部屋まで運んでくれた時。

やまっち 前に海外旅行へ行った時に、ホテルの人が英語を教えてくれたことかな。日本語での会話はなかったけど、その人の気持ちが伝わってきてうれしかった。

シトラス 英語を教えるなんていう仕事はホテルにはないじゃん。「自分からしてあげよう」みたいな気持ちで、教えてくれたんじゃないかな。心からのおもてなしをやってくれてる人の優しさって、格別っていうか違っていて、それが自分でも分かって、心が清らかになったりすることが、きっとおもてなしで、心にも残っているんだと思う。

やまっち 確かにね。やっぱり、気持ちがあるっていうのは残るんだよね。相手が本当に、この子に教えたいとか、そういうのが。

テン 温かい心って、頭に残るもんね。

人に言われてするのは、「おもてなし」?

——「仕事」と「おもてなし」って、どういう関係だと思う?

ユッキー おもてなしは、お客さんを喜ばせるためにやるもの。仕事は、頑張ったらお金っていうご褒美があるからやるもの。

シトラス 仕事は「やるべきこと」で、おもてなしはそこからもう一歩上がった、プラスアルファって感じがする。絶対じゃないけど、するといいこと。

ユッキー そうそう。したほうがいいっていう。

やまっち だから、おもてなしって人間性が出るよね。

——例えば、会社から「こういうふうに『おもてなし』をしなさい」と言われてやっているとしたら、「おもてなし」にはならないのかな?

ユッキー 一応、おもてなしだと思う。

シトラス それは、おもてなしじゃなくて仕事だと思うな。

テン 自分からするのがおもてなしだから。

リース 強制されるのは違う。

やまっち でも、もし会社に言われたとしても、自分からしたいっていう気持ちがあるなら、おもてなしじゃないかな。

シトラス ただ「お金がほしいから」とかでやってないってこと?

やまっち そうそう。

シトラス もし人から言われて無理やりおもてなしをしてたら、笑顔とかも引きつってると思う。

テン 「やらないと」っていう感じが出ちゃうよね。

「おもてなし」に欠かせないことって?

——さっき「気持ち」って言葉が出たけど、「おもてなし」って気持ちを込めるだけでいいのかな?

リース 相手の気持ちになって考えるともっといいかな。

シトラス 気持ちを込めることも、相手がどう思ってるか考えることも、どっちも必要だと思う。

リース 逆に、相手が「しなくていいのに」と思ってることをしちゃうと…。

テン 悪いおもてなしになっちゃう。「自分でできるのに」って思うことをされた時とか。

シトラス おせっかいってことね。

やまっち 空気を読んで、相手の気持ちを考えるのがいいおもてなしなのかなって感じがする。

ユッキー 空気は読まないとね。

——空気を読むって、具体的にどういうこと?

シトラス 観察するってこと。

ユッキー そうそう。

シトラス お客さんのことを観察して、気を遣うことが大事だよね。

やまっち 例えばレストランだったら、「あのお客さんはドリンクバーに行ったから、今は水を注がなくて大丈夫だな」とか、よく見ておいたり。

発表! みんなが考える「おもてなし」って?

リース おもてなしは、人の気持ちになって接することが大事だと思う。

ユッキー 人の気持ちを考えて、空気を読んで、「これはしていいかな?」って考えながら接すること。

やまっち 相手のことを見て、相手のためになることをするのがいいおもてなしだと思う。

テン 相手が「大変だな」と思ってることをしてあげること。一度相手に質問してみて、「自分でできます」って言われたら、「他に困ってることはありませんか」って聞いて、それをしてあげるのがおもてなしだと思う。

シトラス おもてなしは人を助けるっていう意味もあるんじゃないかな。あと、関わった人みんながいい気持ちになるものだと思う。

みんなの体験談を交えながら、「おもてなし」についてじっくりと話し合った「しごとの哲学対話」。「おもてなし」をする側とされる側、両方の立場を想像することで、議論がさらに深まったようです。家でもぜひ、お子さまとお話をしてみてください。

Illustrations by Komaki Seki

 

キッザニア しごとの哲学対話 vol.1「『仕事』ってなんだろう?」

キッザニア しごとの哲学対話 vol.2「なぜ、人は『頑張る』の?」

キッザニア しごとの哲学対話 vol.3「『チームワーク』はどうして必要なの?」

キッザニア しごとの哲学対話 vol.4「『個性』ってどんなことだろう?」

キッザニア東京 こども議会

キッザニア甲子園 こども議会

この記事を友達にシェアしましょう