thumbnail

11

June

2018

SNS SHARE

曽我部恵一さんに聞く、俺の子育てルール

こどもの世話に手を焼いているお父さんはいませんか? 一方、世の中には子育て上手なパパもいます。その差は何か? とっておきの秘訣があるのでは? 「キッザニアの窓」では、育児に熱心なお父さんたちのマイルールをご紹介。今日から始められるルールが見つかるかもしれません。


 

アウトローに生きる父、曽我部恵一さん。

シンガーソングライターであり、サニーデイ・サービスのボーカルとして活躍中の曽我部恵一さん。アルバムリリースやライブ出演など、90年代半ばから精力的に音楽活動を行っています。曽我部さんは高校2年生の長女と、中学1年生の次女、小学校4年生の長男を育てる3児の父。多忙な毎日の中で、小・中・高の3つの学校にまたがるこども達との時間をどのようにやりくりしているのでしょうか。曽我部さんは「僕みたいなアウトローな子育て論があってもいいのでは?」と前置きした上で、独特なルールを教えてくれました。

   

ルール1:夢はとことん応援する。

こどもの可能性は消さない。介入しない。自分の好きなように生きていけばいいと思います。つい親は、大人の観点から、こどもの夢が実現できるかを判断しがちですよね。でも、僕は基本的にこども達には「とりあえずやってみな」というスタンスです。親に言われた通りの道に将来進まないことは僕自身が立証済み。僕もこどもの頃に「音楽はプロじゃなくて、趣味でやりなさい」と親に言われましたが、ミュージシャンになりましたし(笑)。今、小4の息子はユーチューバーになる夢を持っています。親としては息子に音楽のセンスを感じているので、何か楽器を弾けるようになって欲しいと内心は思っています。でも、ユーチューバーになるために「パソコンやビデオカメラが必要なら貸すから、まずはやってみな」って言っています。失敗から学ぶこともありますし、むしろそれが生きる糧となり、生きる楽しさにつながるはずです。叶うかどうかはわかりませんが、こどもには将来を想像しながら今を思う存分楽しんで欲しいですね。

   

ルール2:作品を飾るのは1クールまで。

こども達が作ってきた作品は、必ず自宅の一番目立つ場所に飾ると決めています。けれど、飾る期間は1クール。その期間が過ぎたら潔く捨てることにしているんです。驚かれることも多いです。僕も以前は、長女が生まれてから作った作品をすべて大切に保管していました。ですが、成長するにつれて作品も増え、いつしかそれは膨大な量になり、生活を圧迫し始めたんです。ある日「これは意味がないな」と思い、捨てることを決意。もし、3人分の作品を保管するとしたら、広い家や蔵がないと不可能ですし、蔵に入れたらおそらく2度と見ないですよね。それよりも、僕は今のこども達の姿を見ている方がずっと大切だなと思いました。捨てるのが惜しいと思われる場合は、写真に撮って記録するのもオススメですよ。

   

ルール3:通知表は見せなくていい。

親に「勉強頑張って!」と言われてやっているこどもは多いと思います。それは、そのこどもにまだ自我がないから。僕も勉強は大嫌いで、親の言う通りにやらされていました。渋々塾に通っても、するのは勉強ではなく塾をサボる計画ばかり。成績もいまひとつで、通知表を見せると親に苦い顔をされるのもすごく嫌でした。もちろん、親に「勉強しなさい」と言われて、今、順風満帆な人生を送っている人は、こどもにも同じように言ってあげれば良いと思います。でも、僕は出来なかったのでこどもにも言いたくありません。だから、通知表を見せてと言いません。こども達には通知表の数字よりも見て欲しいのは夢。例えば、ユーチューブで何百万回再生されると何千万儲かるとか、夢のある情報はどんどん伝えて欲しいです。僕も、ミック・ジャガーが豪邸に住んで美女を連れて、高級車に乗っている生活を見て、こっちの方がずっと良いなと思いました。必死に勉強して、難関大学に入学して、のちに大企業に入って、きちんとボーナスをもらえるという考えがプライオリティーのトップに来ないで欲しいなと思います。そこを越える何かに夢を持って挑むことの方がずっと大切だと思いませんか?

 

曽我部恵一/ミュージシャン

香川県出身。1992年にサニーデイ・サービスを結成。1994年にメジャーデビューし、1996年の『東京』で評価を高め、90年代の日本のロックシーンにその名を残す。2001年にはソロとしての活動をスタート。2004年にメジャーレコード会社から独立し、東京・下北沢に<ローズ・レコーズ>を設立。精力的なライブ活動と作品リリースを続け、執筆、CM・映画音楽制作、プロデュースワーク、DJなど、多岐に渡って活動を展開中。2018年、サニーデイ・サービスのNEWアルバム「the CITY」をリリース。

 

Illustrator:Yuka Okazaki / https://www.instagram.com/y_k_o_k/

 

コウケンテツさんに聞く、俺の子育てルール

この記事を友達にシェアしましょう