thumbnail

22

December

2017

SNS SHARE

親子の夢を広げていく、キッザニアの歩き方。【3】

将来の夢を大きく広げる巡り方を紹介する、キッザニアの歩き方。今回は、パビリオンの外に出て、調べ物をしたり、案内をしたりと、キッザニアの街を存分に楽しめるコースや、「なぜ?」や「不思議!」にたくさん出会えるコースをご紹介します。


 

■こども探検家コース

普段、目にしている“街”の裏側を覗いてみませんか?そこには、私達の生活を支えるために人知れず働いている仕事人たちがたくさんいます。いつもは気にせず通り過ぎているモノの裏側に迫るこのコースは、ちょっとした探検家になったかのような気分を味わえます。世の中を見渡す目も、きっと変化することでしょう。

 

車両整備員

キッザニア東京にある〈地下鉄〉の車両整備員は、車体をクレーンで吊り上げるところから始まる、ダイナミックな仕事です。ブレーキパッドやATO制御器(自動列車運転装置)と呼ばれる専用機器を交換するなど、普段見ることができない仕事を体験してもらいます。「地下鉄の安全を守るのは、運転士だけじゃないんだ!」という新しい発見につながるかもしれません。
所要時間:35分

 

ベンディングオペレーター

〈ビバレッジサービスセンター〉のベンディングオペレーターは、まずは自動販売機の仕組みを知ることからスタート。普段から利用するものだからこそ、「こうなっていたんだ!」という驚きはひとしおなはず。また商品は、季節や、お客さまが飲みたくなる気分を考えて決められていることも学びます。相手の気持ちを想像することの大切さを知るきっかけにもなります。
所要時間:35分

 

ガスエンジニア

暮らしに欠かせないインフラには、目に見えない仕事が多いもの。ガスエンジニアもそのひとつです。キッザニア東京にある〈エネルギー会社〉では、キッザニアに複数あるガスメーターのチェックをしに街に出かけたり、街中にひっそりと設置された配管工事をしに行ったりなど、まさに探検家気分で仕事を楽しめます。
所要時間:30分

 
 

=============================
 

■未来のノーベル賞コース

科学に対する好奇心は、机の上だけで育むのは難しいもの。実験や観察などを通して、楽しみながらたくさんの不思議に触れましょう。キッザニアの街には、科学にまつわる仕事が溢れています。ひとつずつマスターしていけば、ノーベル賞を受賞するような科学者への道も夢じゃありません!

 

医薬研究者

本格的な実験道具を使えるのが、キッザニア甲子園にある〈医薬研究所〉の仕事です。ここでは日やけ止めの新商品開発を行います。自分で作った日やけ止めは、その後、実際に紫外線に当てて効果を確かめられ、「スゴイ!本当に日やけを抑えられてる!」といった驚きも混じった達成感を味わえます。
所要時間:30分

 

サポートスタッフ

暮らしに溶け込みすぎていて、あまり気に留めない冷蔵ショーケースは、まさに科学技術の宝庫。キッザニア甲子園にある〈冷蔵サポートセンター〉では、キッザニアの街で使われている冷蔵機器の管理・修理をする仕事です。取り掛かる前には、冷蔵ショーケースでなぜモノが冷えるのかを学び、食の安全が科学の力で守られていることを知ることができます。
所要時間30分

 

ボイラエンジニア

冷蔵技術に触れた次は、“エネルギー”の技術も学んでみましょう。実はキッザニア甲子園の街では、蒸気エネルギーの力も使っています。〈ボイラ施設〉のボイラエンジニアは、それを生み出すボイラを点検・修理するために、蒸気エネルギーとは何かを学ぶところからスタート。産業革命をもたらした蒸気の力を、間近で体感してみましょう。
所要時間30分

 

ロボットプログラマー

コースの最後には、最新のIT技術にも触れてみましょう。〈ロボット研究開発センター〉では、タブレットの専用アプリを使って、ロボットの言葉や動きをプログラミングしていきます。ロボットに指示を出すブロックを組み合わせる楽しさはまるでパズルのようで、これまで体験した仕事とは違う感覚の科学技術に向き合うことができる仕事です。
所要時間:35分

 
 
=============================
 

■街に飛び出せ!コース

キッザニアのアクティビティは、それぞれのパビリオン内だけで完結するものだけではありません。実際の社会のように、街に出て調査したり、街の人たちに会ったりしながら進めていく仕事もたくさんあります。せっかく訪れたキッザニアの街を、存分に楽しむためのコースを紹介します。

 

新聞記者

キッザニアの〈新聞社〉の新聞記者は、街で働く人へ取材に行き、その人がどんな仕事をしているかなど取材をして新聞をつくります。6分間の取材の間に、様々な場所に行けるので、まだ体験したことのないパビリオンに行って話を聞くと新たな発見もあるでしょう。様々な仕事を撮影する写真記者にも挑戦して街を巡るのもオススメです。
所要時間:30~45分

 

バスガイド

街を巡るといったらこの仕事。〈観光バス〉のバスガイドは、キッザニアの街をぐるりと一周しながら、行く先々のパビリオンの紹介をします。道中で案内するパビリオンはその都度変わるので、体験すればするほどキッザニアの街に詳しくなれるでしょう。仕事が終わった後、お子さまと一緒にコースを歩いて案内してもらうのも楽しそうです。
所要時間:30分

 

コンサルタント

意外かもしれませんが、〈証券会社〉も、キッザニアの街に出て行う仕事です。コンサルタントは、お客さまが希望する投資先(パビリオン)が人で賑わっているかどうか、といった観点で調査に出かけます。自分の目で店の状況を確かめてからお客さまに投資先を推薦するといった責任感ある仕事だけでなく、「お金って、こんなふうにも使われるんだ」といったお金に対する視野も広げてくれる体験です。
所要時間:30分

 
 

親子の夢を広げていく、キッザニアの歩き方。【1】

 

親子の夢を広げていく、キッザニアの歩き方。【2】

 
 

Illustrations by Kayako Kamiya / http://kamiyakayako.com/

 

この記事で紹介されたアクティビティ

「車両整備員」
キッザニア東京

「ベンディングオペレーター」
キッザニア東京 / キッザニア甲子園

「ガスエンジニア」
キッザニア東京

「医薬研究者」
キッザニア甲子園

「サポートスタッフ」
キッザニア甲子園

「ボイラエンジニア」
キッザニア甲子園

「ロボットプログラマー」
キッザニア東京 / キッザニア甲子園

「新聞記者」
キッザニア東京 / キッザニア甲子園

「バスガイド」
キッザニア東京 / キッザニア甲子園

「コンサルタント」
キッザニア東京 / キッザニア甲子園

この記事を友達にシェアしましょう