thumbnail

12

December

2018

こどもと私とアート【ダンス編vol.1】

皆さんは、アートという言葉からどのようなことを思い描きますか? 絵、写真、絵画…。アートにもいろいろありますが、体を動かして表現をする「舞踏」や「ダンス」だってそのひとつ。今回は、2年に一度、東京・青山で開催しているダンスフェスティバル「Dance New Air 2018」の一環で開催された「ダンス保育園!!」に参加し、その取り組みについてお話を伺います。

thumbnail

7

December

2018

世界にはこんな仕事が!?海外のキッザニアレポート【トルコ篇】

こどもが主役の街「キッザニア」は、実は日本だけではなく、世界19カ国に展開しています。「キッザニアの窓」では、各地の施設を通じて世界のさまざまな仕事や文化をレポート。第4回目は、トルコにあるキッザニアイスタンブールから。現地のこども達は、どんな仕事に励んでいるのでしょうか?


thumbnail

3

December

2018

こどもレジェンドを探せ vol.3

スポーツが得意な子、絵を描くのが上手な子。世の中にはさまざまなこどもがいます。キッザニアの窓では、その中でも、大人たちが目を見張る活躍をしているこどもに会い、普段の暮らしぶりや、どのように育てられてきたかを伺います。第3回目となる今回は、「第39回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会 全国大会」で優勝した沖縄在住の川畑拓也さんです。


thumbnail

30

November

2018

キッザニア しごとの哲学対話 vol.7「『ユニフォーム』ってなんのためにある?」

ANAグループ機内誌「翼の王国」に掲載している『キッザニア』の広告で、展開中の“キッザニア しごとの哲学対話”。“しごと”に関する様々なテーマに対して、こども達が自由に議論を重ね、物事を深く考えて表現してもらうだけでなく、大人にとっても物事の本質を今一度考え直すきっかけとなる取り組みです。「キッザニアの窓」では、誌面で紹介できなかった、より一歩踏み込んだ内容をご紹介します。今回のテーマは「『ユニフォーム』ってなんのためにある?」。キッザニア東京のこども議会議員がユニフォームの意味や価値などについて、様々に意見を交わしました。

thumbnail

16

November

2018

初耳仕事図鑑 vol.3「社会起業家 林民子さん」

近年、働き方が多様化する中で、珍しい肩書きで仕事をしている人が増えてきました。その方たちに普段どんな仕事をしているかを伺う企画。第3回目は「社会起業家」としてNPOソーシャルコンシェルジュ、SHOKAYジャパンオフィス共同代表、DGBHプロデューサーと幅広い肩書きで働かれている、林民子さんです。


thumbnail

9

November

2018

あの仕事の7つの道具 vol.2 新聞記者「朝日新聞」

どんな職業にも、その仕事に必要な「道具」が存在します。家庭の中にもある身近な道具から、初めて目にするような道具まで、道具はよりリアルな仕事内容を知ることができるキーアイテムといえるでしょう。この連載では、さまざまな分野で活躍する仕事人が使う7つの道具を紹介していきます。今回は「朝日新聞」の新聞記者として働く斉藤寛子さんに、日々の出来事を伝える新聞記者に必要な道具を教えてもらいました。